管理職は残業代が出ない!?

ある程度仕事でのキャリアも積んで、さらに昇格していずれは管理職なんて未来を考えている方もいらっしゃるでしょう。
考え方にもよりますが現場一筋という方もいるでしょうが、やはり一度は管理職等の上を目指す方が多いのではないでしょうか。
そんな管理職ですが、実際はお給料と見合わない仕事の方が多くなってくる現状があるようです。
今後これから管理職を目指す方は少し考えてみる必要があります。

そういう筆者も昔は管理職を経験してきました。肝心なのはやはりお給料となってくるでしょう。
仕事としての魅力は個人の捉え方によって違ってきます。それを楽しくも苦しいとも感じ方は違うからです。
ですが、仕事をしていく上でいつかは「慣れてしまい、飽きる」恐れがあります。これは仕事が出来るようになれば皆必然です。
スキルアップを重ねていくと当然こういった時期は訪れます。そのため一般的にはいずれ管理者を目指すという流れになるでしょう。

お給料はというと「役職手当」が発生する事で残業代の支給が無くなるという場合が多いようです。
例えば2万円が毎月手当として発生します。この2万円は管理者としての責任の重さに対するものになります。どう解釈しても「残業代」としては不足するのは目に見えています。
そこ(管理者)までに残業がゼロであった仕事ならば、こういった解釈で手当てを受けるのは理解出来ますし、筋も通るでしょう。
しかし今の日本においてそんな訳はありません。ハッキリ言って「2万円で残業フリー」とされていると」言えます。

これが大規模なしっかりした企業での話となると「労働組合を抜ける役職まで」残業代は支払われます。
会社によってどこまでが組合員なのかによっても変わってきます。
しかしこの場合も組合員でなくなった瞬間から「役職手当と言う名の残業フリーになる」お給料体系になるので残業をしても支払われない状態となります。

職場での地位や立場は確実に上がる管理職という仕事です。
ですが、どの企業も「確実にお給料が上がる」とはならないようですし、多くの場合は残業代が支払われなくなるという状況です。
残業代を手当てに一律して含んでいるためこれは免れません。

管理職=お給料が高いという図式は成り立たないため、仕事のやりがいを感じられるか否かがその仕事を成功させていくカギと言えます。