残業が少ない看護師??

いつの時代も看護師と言う仕事は無くなりません。
ケガや病気がいつ何時起こるかなんて分かりません。そのため、これを治療するために手助けする仕事ですからこれまでもこれからも求められます。
また幸いな事に看護師を目指す人間も絶える事はありません。
しかし、看護師の仕事離れも深刻な問題となっています。
そんな看護師の残業事情について考えてみましょう。

看護師の一般的なイメージとして病院が浮かぶのではないでしょうか。
この病院で働く看護師にも大きな条件の違いがあります。ここでは正・準看護師関わらず見ていきましょう。
病院の規模にもよりますが、入院施設を備えているか否かによって大きく変わってきます。
入院施設を備えているとなると、当然交替勤務となりますから夜勤等の仕事もあるでしょう。
交替で仕事をしているとは言え、看護師はあくまでも患者のケアが仕事になってきます。
そのためそれに関わる庶務(カルテ等)が残務として残ったりしてしまうようです。
それが要因となり残業している看護師も結構いるようです。
病院勤めの看護師として残業を少なくしたいのであれば、勤めたい病院の規模を小さなものにする必要が出てきます。

看護師という仕事は病院だけに限定されません。それは「看護師の設置義務がある施設等」です。
一般的には介護施設となるでしょう。介護施設では看護師が夜勤を担うケースは基本的にありません。そのため、日中のみの仕事で残業も少ないという場合が多いようです。
ですが、夜勤を伴う施設では看護師にも「緊急呼び出しや待機」を求められる事があるため、残業以外で定時を越えた就業が出てくる可能性があります。
こういった場合でも残業を抑えたいのであれば、日中のみの開設としてある施設(デイサービス等)を選択する必要があるでしょう。

仕事の特性にもよりますが、看護師の本業でもある「人の命に関わる」仕事となるとやはり時間の限定は出来ません。
従って、職種による残業の有無を考えた時、この看護師という仕事は残業を切り離しては考えにくいものと言えるでしょう。
看護師になってから残業を少なくと考える場合、やはり雇用形態を含めた考え方に変えなくてはならないでしょう。

公務員は残業が少ない?

全国的に公務員の数は減少傾向にあります。理由として自治体等の財政が主な理由です。
ですがやはり仕事が安定している事や残業が少ない事を理由に人気のある仕事と言えます。
数は減っているとは言え、毎年募集がありますしやはり安定が一番の理由となります。
そんな公務員の仕事について今回は少し考えてみましょう。

公務員と言ってもその種類は数多くあります。
大きく分類すると国家公務員と地方公務員の2つに分けられます。
更には事務職と技術職の2つがあります。
やはり事務職の方が全体的に残業は少ないと言えるでしょう。身近なところで各役所が目につきます。定時前になると机に帰り支度をして時間を待っているという姿も見られたりします。

事務職でも国家公務員として分類される省庁等に勤めていると、国家単位で取り組んでいる案件に関わる場合は残業が多くなっているようです。
毎年のように法案が制定されていますから、こういった仕事に関わっている公務員の方々は残業が少ないとはいかないようです。

次に技術職ですが、これはいわゆる消防士や警察官等です。
こういった仕事は交替勤務の中で動いてはいますが、それぞれの事情が特殊であるため残業という概念だけでは話せません。
場合によっては「緊急呼び出し」をはらんでいる仕事ですから、定時を超えた仕事である残業だけでなく月単位で見てみると就業時間自体が多くなる可能性が出てきます。

やはり市役所等の仕事は公務員の中でも残業が少ないという位置付けになるでしょう。
人気がある仕事ですから、毎年募集があるとは言ってもその合格倍率は非常に高くなっています。市町村によっては400倍という数字も聞かれます。

残業が少ない仕事というのは「サービス残業をしない=残業代がしっかりと支払われる」という事です。
違う観点から見ると、残業代を抑えたい→残業をさせないとなりますから結果的に定時までの仕事となる訳です。
公務員とは国に必要な仕事を担っている組織です。国を運営していくうえで業務量は膨大になります。そのため、残業が少ないから残務が膨大な量になっているという噂も絶えません。

公務員のお給料は社会情勢を勘案して算出されています。
そのため平均よりは高い位置でお給料が支払われています。例として大手企業と同等に推移しています。
残業が少なくてお給料も高いというのは夢のような話ですが、そのハードルは決して低くはありませんから容易な選択とはならないようです。

システムエンジニアは残業が少ない!?

SEという仕事が定着してきました。一昔前であれば少し怪しい?仕事と取られがちでした。
パソコンの目覚ましい普及によってこの仕事が必要となり認められてきたという流れです。
ですがまだまだ高い技術力を必要とする仕事でもあります。
このSEは残業が少ないという条件で求人が出ているものが少なくないようです。少し中身を見てみましょう。

このSEという仕事はデスクワークとなり内勤、更には残業が少ない職種として近年人気が出てきました。
システムエンジニアとは、システムの設計・開発・テストを手がける職種のことです。
同様の業務を手がける職種としてプログラマがありますが、その分類は企業やプロジェクトによって異なます。
当然必要となるスキルはパソコンの取り扱いだけでなく、そのパソコンの中身を知っている必要が出てきます。
現在の年齢層として30代半ばの人間が、学生時代にパソコン教育がスタートしました。従ってこの年齢から下の層がSEは多いとも言われています。

本題の残業ですが、確かに他の職種に比べると残業は少ないようですね。月に40時間の残業を最大として平均で月に10時間程度という企業も多くあります。
この仕事は当然交替勤務ではありません。そのため、プロジェクトによっては自分の能力次第で残業は増減する事もあるようです。

従って、大きな案件となれば別かもしれませんがお給料の基本給は割と低めに設定されているようです。
スキルアップに伴って大きなプロジェクトへの参加が見込まれる仕事ですから、ある程度キャリアを積む必要が出てくるでしょう。

先に書いた通り、やはりこれを商売として稼いでいくのであれば生半可なパソコンスキルだけでは仕事が出来ないため「キャリアが収入を左右する仕事」とも言えます。
残業が少ない仕事であるからにはやはりそこから収入を安定させるためには「腕」となる事を考えると、時代に即した職人的仕事とも言えるかもしれません。
お給料の査定形態も「能力による随時昇給あり」としている企業が多いようですから、難しい仕事の一つとも言えます。

昔に比べると就業時間の管理がしっかりしてきた時代と言えますが、やはり対価として得られる部分が少なくなるのは否めないため、長期的かつスキルアップを見越して続けていく必要があります。

残業が少ない営業職とは??

物の流通には必ずそれを売る仕事、営業職があります。営業職と言えば休みが無く過酷というイメージが根強い仕事と言えます。
しかし、時代は変われどこの仕事は無くなる事はなく、仕事としての人気も一定で推移しています。
この仕事を選択する方もたくさんいらっしゃいます。
そんな営業職で残業が少ない業界があります。少し考えてみましょう。

昔は24時間営業しているお店等は少なかったのですが、今は24時間を含めて深夜まで開いている店舗も多くなりました。
営業職の残業が長くなるケースを考えてみると、商談先の営業時間が長い場合その責任者と会う時間が遅くになる事があります。
伴って営業職の就業時間が伸びてしまうという事が多くなります。
あくまでも「営業職」ですから、お客さんに合わせるというのは大前提ですから。

営業職とは扱う商品で分類するならば、色々な業種の営業があります。
しかし、その中でも一番残業が少なくなる営業職があるのです。
それは「官公庁向け」に展開している商品を扱う営業職です。求人条件にも「主な取引先は官公庁」となっている企業が多くあります。
当然、官公庁の開設時間は17時まで程度となっているのでその時間内でしか訪問出来なくなります。
従って月単位で見ても残業時間はそう長くならないようです。土日祝日も訪問は出来ないため営業職の中で言えば特殊かもしれません。

「商談相手が公共機関のお偉いさんになるから成績を上げるのが難しい」という営業職の方もいらっしゃいます。
場合によっては知人の紹介等を活用するという少々生臭い面があったりもするようです。

営業職のイメージで言えばやはり「難しい仕事」というのが拭えません。更には営業成績でお給料が変わるというのが一般的です。
ですがその中身を分類してみると、今回のように残業が少ない等、比較的過酷とは言い難い営業職も存在します。
残業が少なくなるという条件ですから、スタート時のお給料はあまり期待できません。そのため、やはり成績を求められる面が気になりますね。
成績=お給料となる数式が明確になるリスクがあります。

他の職種も調べてみると残業時間が少ない仕事は多数あります。
日本の考え方が古いというのは仕方ないかもしれませんが、やはり残業無くしてお給料が期待出来る仕事というのは非常に限定的となってきます。