残業の割に給料が少ない仕事とは

日本で仕事をしている場合、その大半の人は残業をしているでしょう。残業が無いのは一部の公務員くらいとまで言える時代になりました。
そのくらい残業は日々の日課とまで言える程、当たり前になっています。
残業には当然対価が支払われるべきなのですが「残業までしている割にお給料が安い」と感じる人は少なくないでしょう。
そんな残業とお給料の関係を少し調べてみました。

まず、あってはならないのが「サービス残業」です。
これは今の世の中で発生するとブラック企業と烙印を押されかねないものです。
ですが、まだまだサービス残業は無くなりそうになく「仕事が終わるまでは帰れない」という考え方が根強いのもまた事実です。
職種によっても変わってくるのですが、サービス系の仕事がこういった残業が多いようです。
サービスの中でも特に「介護福祉系」の仕事は対価の支払われない仕事が多いとも言えます。
この仕事は、法令の上で運営されている部分が多く、サービス実際に対しての「記録」が非常に膨大なものになっています。
そのため、仕事が終わってもその後に記録を付けたりする仕事はシフト終わりで行うケースも少なくありません。
その時間は直接介護サービスとはならないため、結局サービス残業となっているのが現状です。
これはやはり残業量とお給料が見合わないと言えるでしょう。

次に大きな分類になりますが、定期的に支払われる賃金に「残業代が含まれているもの」は要注意となってきます。
メリットとしては、残業が少なければ働き手からしたら丸儲けになるとは言えます。
しかし、この設定でお給料が支払われる場合「残業が多い事を想定してある」訳ですから、結局丸儲けとはならず、先に残業代をもらっている事で結果的に遅くまで残らざるを得ないという事があります。
これも残業時間次第では対価よりも多く仕事をする羽目になりそうです。

最後になりますが「年俸制」としてある仕事です。
年俸制とは言っても、これを12か月で割った金額で支払われます。
そのため残業代を込みで支払われているのと同じで「結局残業するしかない」状況に陥ります。
場合によってはその対価以上の仕事となりそうです。

理想かもしれませんが、残業代を支払ってもらえるならば「残業の単位が小さい」企業が良いでしょう。
通常1時間単位での残業代の支払いですが、大手の企業等は15分単位から残業を算出しているのでキッチリとしている面があります。
それだけに仕事の進捗を厳しく管理されたりはしますが、やはり働いた以上は対価に反映してもらうのが基本と言えます。

転職を失敗しないためには転職先の会社を徹底的にリサーチするのが重要です。転職サイトだけでなく、転職エージェントに登録することで、会社の内部情報を得ることができます。これから転職活動を始める人や、転職活動中の人は、転職エージェントを活用することが転職成功の第一歩になります。
求人数&特徴で比較!実際使ったおすすめ転職サイト比較ランキング