残業が少ない営業職とは??

物の流通には必ずそれを売る仕事、営業職があります。営業職と言えば休みが無く過酷というイメージが根強い仕事と言えます。
しかし、時代は変われどこの仕事は無くなる事はなく、仕事としての人気も一定で推移しています。
この仕事を選択する方もたくさんいらっしゃいます。
そんな営業職で残業が少ない業界があります。少し考えてみましょう。

昔は24時間営業しているお店等は少なかったのですが、今は24時間を含めて深夜まで開いている店舗も多くなりました。
営業職の残業が長くなるケースを考えてみると、商談先の営業時間が長い場合その責任者と会う時間が遅くになる事があります。
伴って営業職の就業時間が伸びてしまうという事が多くなります。
あくまでも「営業職」ですから、お客さんに合わせるというのは大前提ですから。

営業職とは扱う商品で分類するならば、色々な業種の営業があります。
しかし、その中でも一番残業が少なくなる営業職があるのです。
それは「官公庁向け」に展開している商品を扱う営業職です。求人条件にも「主な取引先は官公庁」となっている企業が多くあります。
当然、官公庁の開設時間は17時まで程度となっているのでその時間内でしか訪問出来なくなります。
従って月単位で見ても残業時間はそう長くならないようです。土日祝日も訪問は出来ないため営業職の中で言えば特殊かもしれません。

「商談相手が公共機関のお偉いさんになるから成績を上げるのが難しい」という営業職の方もいらっしゃいます。
場合によっては知人の紹介等を活用するという少々生臭い面があったりもするようです。

営業職のイメージで言えばやはり「難しい仕事」というのが拭えません。更には営業成績でお給料が変わるというのが一般的です。
ですがその中身を分類してみると、今回のように残業が少ない等、比較的過酷とは言い難い営業職も存在します。
残業が少なくなるという条件ですから、スタート時のお給料はあまり期待できません。そのため、やはり成績を求められる面が気になりますね。
成績=お給料となる数式が明確になるリスクがあります。

他の職種も調べてみると残業時間が少ない仕事は多数あります。
日本の考え方が古いというのは仕方ないかもしれませんが、やはり残業無くしてお給料が期待出来る仕事というのは非常に限定的となってきます。