残業が少ない看護師??

いつの時代も看護師と言う仕事は無くなりません。
ケガや病気がいつ何時起こるかなんて分かりません。そのため、これを治療するために手助けする仕事ですからこれまでもこれからも求められます。
また幸いな事に看護師を目指す人間も絶える事はありません。
しかし、看護師の仕事離れも深刻な問題となっています。
そんな看護師の残業事情について考えてみましょう。

看護師の一般的なイメージとして病院が浮かぶのではないでしょうか。
この病院で働く看護師にも大きな条件の違いがあります。ここでは正・準看護師関わらず見ていきましょう。
病院の規模にもよりますが、入院施設を備えているか否かによって大きく変わってきます。
入院施設を備えているとなると、当然交替勤務となりますから夜勤等の仕事もあるでしょう。
交替で仕事をしているとは言え、看護師はあくまでも患者のケアが仕事になってきます。
そのためそれに関わる庶務(カルテ等)が残務として残ったりしてしまうようです。
それが要因となり残業している看護師も結構いるようです。
病院勤めの看護師として残業を少なくしたいのであれば、勤めたい病院の規模を小さなものにする必要が出てきます。

看護師という仕事は病院だけに限定されません。それは「看護師の設置義務がある施設等」です。
一般的には介護施設となるでしょう。介護施設では看護師が夜勤を担うケースは基本的にありません。そのため、日中のみの仕事で残業も少ないという場合が多いようです。
ですが、夜勤を伴う施設では看護師にも「緊急呼び出しや待機」を求められる事があるため、残業以外で定時を越えた就業が出てくる可能性があります。
こういった場合でも残業を抑えたいのであれば、日中のみの開設としてある施設(デイサービス等)を選択する必要があるでしょう。

仕事の特性にもよりますが、看護師の本業でもある「人の命に関わる」仕事となるとやはり時間の限定は出来ません。
従って、職種による残業の有無を考えた時、この看護師という仕事は残業を切り離しては考えにくいものと言えるでしょう。
看護師になってから残業を少なくと考える場合、やはり雇用形態を含めた考え方に変えなくてはならないでしょう。