公務員は残業が少ない?

全国的に公務員の数は減少傾向にあります。理由として自治体等の財政が主な理由です。
ですがやはり仕事が安定している事や残業が少ない事を理由に人気のある仕事と言えます。
数は減っているとは言え、毎年募集がありますしやはり安定が一番の理由となります。
そんな公務員の仕事について今回は少し考えてみましょう。

公務員と言ってもその種類は数多くあります。
大きく分類すると国家公務員と地方公務員の2つに分けられます。
更には事務職と技術職の2つがあります。
やはり事務職の方が全体的に残業は少ないと言えるでしょう。身近なところで各役所が目につきます。定時前になると机に帰り支度をして時間を待っているという姿も見られたりします。

事務職でも国家公務員として分類される省庁等に勤めていると、国家単位で取り組んでいる案件に関わる場合は残業が多くなっているようです。
毎年のように法案が制定されていますから、こういった仕事に関わっている公務員の方々は残業が少ないとはいかないようです。

次に技術職ですが、これはいわゆる消防士や警察官等です。
こういった仕事は交替勤務の中で動いてはいますが、それぞれの事情が特殊であるため残業という概念だけでは話せません。
場合によっては「緊急呼び出し」をはらんでいる仕事ですから、定時を超えた仕事である残業だけでなく月単位で見てみると就業時間自体が多くなる可能性が出てきます。

やはり市役所等の仕事は公務員の中でも残業が少ないという位置付けになるでしょう。
人気がある仕事ですから、毎年募集があるとは言ってもその合格倍率は非常に高くなっています。市町村によっては400倍という数字も聞かれます。

残業が少ない仕事というのは「サービス残業をしない=残業代がしっかりと支払われる」という事です。
違う観点から見ると、残業代を抑えたい→残業をさせないとなりますから結果的に定時までの仕事となる訳です。
公務員とは国に必要な仕事を担っている組織です。国を運営していくうえで業務量は膨大になります。そのため、残業が少ないから残務が膨大な量になっているという噂も絶えません。

公務員のお給料は社会情勢を勘案して算出されています。
そのため平均よりは高い位置でお給料が支払われています。例として大手企業と同等に推移しています。
残業が少なくてお給料も高いというのは夢のような話ですが、そのハードルは決して低くはありませんから容易な選択とはならないようです。